イラスト講座ぶろぐ

思い通りのイラストが描けず自信がなくなっていた私が、1ヶ月簡単な落書きをするだけで人の目を引く可愛いキャラクターが描けるようになったイラスト講座!

塗りが苦手!でも直したい・・・そんなあなたは必見!





こんにちは!ゆみかです。



今日は、下描きや
線画まではいいけど
色塗りが苦手!というあなたへ
わたしのテクニックを
紹介したいと思います!

f:id:yumeshiro324:20170506234646j:plain


イラストはもちろん
「絵」が主体で
そこが上手いか、そうでないか
を人は見ると思いますが

やはりイラストを描く上で
色塗りも大切な上手さの要素
なります。

塗りが苦手だと絵が
上手く描けても残念な仕上がりに
なってしまうことも有り得ます。
せっかく描いたのに
それは避けたいですよね。

ありがちなパターンですが
「しっかり塗ったのに、
なんかパッとしない・・・」
というものです。

これは私も結構悩みました。

だいたいの原因は
・影の付け方が弱い
・ぼやっとしすぎている
・原色で塗ってしまっている

主にこれがしっかりと
出来ていないせいで、
パッとしない、よく分からない
イラストになってしまいます。

ではまず影の付け方が弱いというのは
どうすればいいのかというと
影の付く部分にしっかりと
塗る、というよりも影を
描き込むことです。

影をつけるところは
今まで通りで問題ありませんが
色合いをもう少し落とす(暗い色)
と、メリハリが出て明るい部分と
暗い部分がしっかりと分かれるので
全体的に見やすいイラストになります。

次に、塗り方がぼんやりと
していないか、です。
私もよくやってしまうのですが
よく考えもせずにぼかしツールで
ぼかしを入れてしまうことがあります。

ある程度なら味のある、いい色に
なるのでぼかしはおすすめですが
やりすぎると引き立つ部分が無くなり
濃淡も無くなってしまい、さらに
インパクトが無くなってしまいます。

f:id:yumeshiro324:20170506234856j:plain


これも先ほどの影を濃く塗ることを
意識することと、影を付けようと
せずにシワを描くようなつもりで塗ると
ぼんやりしないイラストになります。

最後は、原色で塗らないこと、です。
あまりこれは見かけませんが
原色に近いカラーだとごちゃごちゃ
して目がチカチカするので
彩度が高めの色はなるべく
避けるようにしましょう!

このあたりを気を付けていけば
もうパッとしないなんてことは
なくなるはずです!
私も色塗りはまだまだ研究中です。

それに、何が正解だという解答は
ありませんから、あなたなりの
塗りやすい方法も見つけてみて
くださいね!

それでは次の記事で
お会いしましょう!