イラスト講座ぶろぐ

思い通りのイラストが描けず自信がなくなっていた私が、1ヶ月簡単な落書きをするだけで人の目を引く可愛いキャラクターが描けるようになったイラスト講座!

失敗しても捨てない!センスを磨ける小技!



f:id:yumeshiro324:20170507141800j:plain



こんにちは!ゆみかです。



今日は、描いている途中で
「失敗してしまった!」
という時の対処法について
紹介します。

描いていてもなんだか
イメージと合わないと思うと
そこで描くのをやめたり
捨ててしまったりすること
もありませんか?

f:id:yumeshiro324:20170507142119g:plain


うまくいかないと確かに
ムシャクシャして
捨てたくなる気持ちも
分かります。

でも、そこでもういいや・・・
とならずにとりあえず最後まで
描きあげてみましょう!

失敗だと思っていたイラストも
その後の対処次第で
どうとでも生まれ変わります!

ただ適当に描くのでは
意味がなくなってしまうので
「どうしたら作品として
成り立つか」を考えてみます。

失敗だな・・・と感じた時
どうして失敗なのか、どうすれば
失敗じゃなかったのかを考えながら
仕上げるようにします。

案としては
・当初のイメージを変えてみる
・失敗した部分に何か描いて
カバーする

f:id:yumeshiro324:20170507142746j:plain


描き初めは、イメージがあって
それに沿って描いていたと思いますが
思い切ってイメージを変えてみるのも
手ですね。

例えば髪の毛をショートヘアに
しようとしていたのに失敗した場合は
ロングヘアに変える、など。

次に
部分的に失敗した場合は
例えば服を失敗した時には
新しく装飾を描き足す、または
服の模様を描く。

これだけでも随分変わって
きますよね。

そうして描くことで
ミスへの対応も分かるようになって
いき、どう直せば一枚の作品に
仕上げられるかが分かってきます。

途中で失敗と決めるのは
早いんです!仕上げまで描きあげてから
判断してみて「あ、結構いい感じに
なってきた!」と思えればお得ですし
捨てずに描いてよかったと思うはずです。

過去に失敗したイラストでもいいので
探して、それから「どう直すか」
ということを考えて直してみてください!

では、また次の記事で
お会いしましょう!